便秘解消にも期待出来る!それが青汁です!

便秘は美容の大敵です。
ダイエットがしづらくなったり、肌荒れにつながることもあるでしょう。
そのような便秘を便秘薬を飲んで解消しようとしても、なかなかうまくいかない…と悩む女性は多いです。
でも青汁なら、その頑固な便秘を軽減してくれるかもしれないのです。

青汁がなぜ便秘に効くの?

青汁には便秘解消に効果のある成分が入っていると言われています。
それは食物繊維です。
これがとても多く含まれているので、青汁を飲むことにより便秘解消に期待が出来ることになるのです。
青汁の原料といえば、有名なのはケールや大麦若葉、そして明日葉などですよね。
これらのどれもが食物繊維が多く含まれているのです。
そのため、青汁を飲むことにより今まで悩んでいた便秘が嘘のように解消出来た!という人が少なくないのも頷けますね。

食物繊維が便秘に効く原理

食物繊維は、腸の中に溜まっている老廃物を体の外へと排出してくれるのです。
これはとても嬉しいことですね。
人間が生きている限り、老廃物はどうしても溜まりがちです。
それが便となって排出されなければいけないのですが、便秘ではそれが出来ないことになります。
そのため、便秘のせいで様々な不快な症状が出ることになります。
そういった中での救世主が青汁なのです。

多くの食物繊維を取ることは困難

食物繊維が便秘に効果的とはいっても、一度に多くの食物繊維を取ることは大変なことです。
外食が多い現代人には、尚更難しいことでしょう。
でも青汁なら、一日コップ一杯飲むだけでも十分その効果が期待出来るのです。
青汁を始めてから健康になった!と感じる人や、今までよりも朝がすっきり出来るようになったような人はとても多いです。
そう考えると早い段階で青汁を始めた方が良いことになります。

薬に頼る必要なし!

青汁で便秘を解消することが出来れば、付き合いづらかった便秘薬ともサヨナラ出来ることになります。
合う便秘薬が無くて悩んでいるのなら、青汁を一度は試す価値があるのではないでしょうか。

二日酔いが心配なあなたには青汁がお勧め!

二日酔いで悩む人は案外多いものです。
でもお酒を飲まなければいけないことが多い場合もあるでしょう。
接待や飲み会などがとても多い職業の場合もあります。
どうすれば、二日酔いを改善出来るのかと思いながらも次の日の仕事に影響をしてしまう場合も多いです。

二日酔いになる理由

お酒を飲んで血中のアルコール濃度が高くなりすぎると、アセトアルデヒドという有毒成分のせいで、二日酔いを起こしてしまうことがあるのです。
少しの量のお酒なら、アセトアルデヒドは、肝臓ですぐに分解されます。
でももしもアルコールを摂取する量が多いことになると、翌日まで分解がされないままで二日酔になってしまうのです。
人によってはこのぐらいの量なら大丈夫ということもあり、人によっては少しの量でダメということもあるでしょう。

ナイアシンの不足

ナイアシンは体内にあるビタミンです。
これが不足することで、アセトアルデヒドが体の中に残ることになりやすいのです。
つまりは分解をしにくくなってしまうということです。
お酒を飲む人ほど、体内にはこのナイアシンが自然に足らなくなってしまうのです。
結果として、二日酔いにもなりやすくなってしまいます。
でも青汁に含まれている成分には、ナイアシンを分解することを促すような成分もあるのです。

ケールの効果

青汁に含まれているケールには、アセトアルデヒドの分解を促進する働きがあります。
そして肝機能を高める成分も入っていますので、二日酔いになることを防ぐことが出来るのです。
出来れば二日酔いは防ぎたい!と思う人には、日常から青汁を飲んでおくのも良いですね。
そして二日酔いが気になったような日には、青汁を飲むことも良いのではないでしょうか。

青汁があれば二日酔いも怖くない!

青汁があることにより、二日酔いを恐れることが軽減するのです。
かといって過度の飲酒は体調にも良くありませんので、それについては自分でコントロールをすることが必要になるでしょう。

Comments closed